2016/10/08

これさえやれば必ずやりたいことがやれるようになる5つの行動プラン

 

この記事を書いている人 - WRITER -

どうも!ピースです。

今回は
やりたいことがやれる5つの行動プラン

これを見ているあなたは、なかなかやりたいことができなくて困っていませんか?

自分は、なかなか整理や踏ん切りが付かなくてやりたいことが出来なくて悩んでいます。

そこで、やれるようになる行動プランを立ててみました。

でもその前に、何故出来ないのか?という出来ない理由を考えてみた!

何故出来ないのか?その理由とは!

1.時間がない
2.家族の目が気になる
3.収入(仕事)を優先してしまう
4.寝てしまう
5.諦めてしまう

ほとんど言い訳というか、全く目標感がない感じ。

これに当てはまるのあなたは、よろしくない方向に向かってるかも?(笑)

1.時間がない

これを理由にするのは、絶対に時間があっても出来ない。

これを理由にしている時点でアウト!だよね。

時間は使い方だから!

2.家族の目が気になる

これは、最大のハードル!

ここをしっかり押さえておかないと後々大変なことになる。

だって、家族を幸せにするためにやりたいことをやらなきゃ意味がないでしよっ?

喜んでくれる人がいて成功って成り立つし、人に嫌な思いをさせてやりたいことをやってもいい結果は絶対に出ないもんね。

3.収入を優先してしまう。

目先の収入にばっかり目がいくと、将来の結果はなかなか付いてこないよ!

収入を重視すると、収入を確保させることに集中して疲れ切ってしまうし、それなりの収入を得るには、それなりの努力をしなければ絶対に手に入れることは出来ない。

片手間でやりたいことをやりきるには、それなりの覚悟と努力が必要だよね。

4.寝てしまう

これも最大の敵!最強とも言える!

でも、ここを上手くコントロールしないとやりたいことをやることは難しい。

ここが最大のポイントになることは、間違いなさそうだね!

5.諦める

これは、何を根拠に諦めるのかが重要になってくる。

何のために諦めるのか?

諦める理由によって、やりたいことをやれるようになるかならないかに大きく影響してくるんじゃないかな。

それでは、次にこの5つの

出来ない理由の克服を考えてみる!

1.時間がない

これは、1度自分がどこに時間を使っているのか?洗い出してみる必要がある!

ノートにザックりと1日の行動プランを書き出してみるといいね。

1日は毎日24時間

・朝の起床
・準備
・稼働開始時間
・稼働時間
・稼働終了時間
・休憩・食事
・移動時間
・散歩や家事
・夕飯やコミュニケーション
・就寝時間

ザックりと書いたところで毎日のルーチンワークが見えてくる。

こうやってみると、毎日同じ行動プランを繰り返していることがわかる。

だから、この隙間にやりたいことを持っていくしか方法は無い!

大抵の人が、陥りやすいのは家族との夕飯やコミュニケーションの時間を台無しにしてやりたいことをやろうとすること。

これは、効率も環境も悪くなるから絶対に止めた方がいい!

たかだか、2・3時間家族の顔色を伺ってやりたいことをやっても成果はあがらないからね。

だったら、この時間はバッチリ家族と向き合って大切な時間を楽しく過ごした方がいい。

家族との大切な時間は、永遠に続く訳ではないからね。

この一瞬が凄く大事だよ。

この時間を絶対に無駄にしないことが、一番大事。後になって後悔しても遅いよ!

ポイントは、それ以外の時間は、工夫すればいい。

手が開かなくても頭が空いてる時間はたくさんある

どんな仕事でも作業でも段取りが大事。
段取り7:作業3この割合。

作業自体の時間は、そんなに必要はない。

段取りや仕込みが大事で、ここに時間が必要!

段取りや仕込みは隙間時間に出来ることが多いよ!

情報を仕入れるなら、移動時間や休憩時間を使って自分が出来る方法で入手する。

いつまでに、やりたいことをどこまでやるのかプランを考えておく。

そのためには、どこで何が出来るのか考えてみる。

ザックりと1日から1週間のやりたいことが出来る環境をどうやって作るか作戦を考える。

2.家族の目が気になる

これは、以外と難しいようで簡単にクリア出来る。何も難しく考える必要はないよ!

難しく考えると楽しくないし、相手にも伝わりややっこしくなるので、ここは、自分もこの時間を楽しく過ごすことを優先して考える。

そして何よりも、相手が何を求めているのか?を考える力も身につくし、人を喜ばせる能力も多いに身につく。

身近な人を喜ばすことが出来なければ、他人を喜ばすことなんて出来ないよ。

失ってから後悔や反省しても、修復や取り返しのつかない結果になってからの方が多大な時間と労力を必要とする。

何よりも、今という時を一緒に過ごせることに感謝して過ごすことは、後にも先にも、自分にとっても宝の時間になるからね!

3.収入が優先してしまう。

誰しも生活していれば、当然収入が必要だし考えることは必要。

ただ、収入にばっかり目を向けると必ずと言っていいほど空回りする。
もちろん最低限は、必要だが、その位は大丈夫!と余裕を持って行動した方がいい結果になる。

4.寝てしまう

これはもう良質な睡眠を心がけることが何より大事!

10:00〜の睡眠を心がける。
難しいようだけど、習慣にすると効率が上がる。

夜にアウトプットするよりも、朝の方がアウトプットには向いている。

早く寝て朝早く起きてやりたいことをやった方が効率が良く結果も出やすい。

この環境を作る為にも、隙間時間に段取りを済ませておくことが何より重要になってくる。

遅くても11時には就寝出来る環境を作る行動プランが必要。

節電・節約・健康のためにも心がけたい習慣の一つ。

そして、昼間15分程度の仮眠を取る。

レム睡眠と言って昼間15分〜20分目を瞑って休憩するだけでも夜の1時間に匹敵すると言われているんだよ。

ナポレオンもこの方法を取っていたとか言われてる位有名な話し。

椅子に腰掛けて目を瞑るだけでも、頭がスッキリする。15〜20分以上だと余計怠くなるので要注意!

5.諦める

これは、いい意味で考えると非常に効率が良いよ!

効率が悪いことは諦める。

大抵は、諦めるとなるとやりたいことを諦めると考えてしまいがちだけど、効率が悪いことは、サッサと諦めて効率の良い方法に転換した方がいい!

とにかく、あれやこれやとやるよりも一つに絞ってやりたいことをやった方が効率もいいし、結果が出やすい。

まずは、やりたいことを1つに絞って集中して1週間やってみる。

そしてこれは、どんなことがあってもやり遂げた方がいい。

睡眠時間を削るなら、夜にその時間を作るより、朝その時間に集中してやることが効率が良いからメッチャ早起きする。

まとめ

1.時間が無いなら時間を作る
2.家族の目が気になるならその時間を楽しく過ごす
3.目先の収入より未来のことを考える
4.良質な睡眠を取って朝を有効に使う
5.諦めるて一つのことに集中する

今すぐにでも、やりたいことをやるからには、「行動プランを考えてから」という考え「プランを立てからじゃないと行動出来ない」なんて考えないで、すぐに行動してやりたいことをやって行動プランを修正していった方が結果は出やすいよ。

是非試してみて!

この記事が気にいったら
いいね!お願いします。

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© デキログ , 2015 All Rights Reserved.